共催団体ブログ【認定特定非営利活動法人かものはしプロジェクト】

5月5日に開催されたPARACUP2019において、ランナーや当日のボランティアとして参加してくださった皆さま、又大会運営を行ってくださいました一般社団法人PARACUPさま、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さまからご支援いただいた金額は、458,594円にもなりました。

皆さまからのご寄付は、

かものはしプロジェクトが取り組む「子どもが売られない世界をつくる」ための活動としてインドでの「性的搾取を目的とした人身売買」をなくすために、

サバイバー(人身売買被害者)が自分の人生を取り戻すための「サバイバーに寄り添う」活動と、

人身売買ビジネスが成り立たないような「社会の仕組みをつくる」活動の2つを前に進めるために大切に活用させていただきます。

 

改めまして関わってくださった皆さま、ありがとうございました。

 

認定特定非営利活動法人かものはしプロジェクト

かものはしは、世界から「子どもが売られる問題」を根本的になくすために、活動を続けています。 「子どもが売られる問題」は複雑で、かつ社会の様々な問題が絡まり合って起こっています。 「気付いた人が行動を起こさないと、この問題は一生解決しない」という設立当初の想いのまま、かものはしは「子どもが売られない世界をつくる」ために2002年から2018年までカンボジアで、2012年からインドで取り組みをしています。

https://www.kamonohashi-project.net

 

 

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone