カンボジアの子どもたちへ/共催団体ブログ【カンボジア教育支援団体ちょんれ~ん】

こんにちは

桜美林大学カンボジア教育支援団体ちょんれ~んです。

PARACUP2019では、多くの皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。

 

私たちメンバーも、ランナーやボランティアなどそれぞれの関わり方で参加させて頂きました。たくさんの応援してくださる方々やランナーの皆さんの笑顔に触れ、「楽しんで走ることが、世界の子どもたちの未来につながること」を感じました。

 

私は当日、共催団体ブースでキックターゲットを担当させていただき、子どもたちと楽しく遊ばせて頂いておりました。親御さんとお話しするきっかけともなり、パラカップへの思いをお聞きすることができたり、私たちの活動を知っていただけたりすることができたりと、とても貴重な時間と経験であったことを感じております。

 

ちょんれ~んから、サークルを引退された先輩方のチームと、2.3年生のチームの2チームでリレーマラソンに参加しました。タスキを繋いでいく中で、絆を深められただけでなく、PARACUPを始め、多くの活動内容や思いが先輩方から受け継がれてきたものであるということを改めて感じる機会となりました。

私たちは年に2回、8月と2月にカンボジアに行く機会を作っており、新しく入ってきた1年生も夏のスタディツアーに5人が参加します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今大会でPARACUP多摩川大会が終了するとお聞きし、本当に寂しい気持ちでしたが、これからもPARACUPという素敵なチャリティーマラソンがあったことを後輩へ伝えていきたいと思っております。そして、また御一緒に活動できる日を楽しみにしております。

 

今年も皆様のおかげで、カンボジアのシェムリアップにあるIPO語学学校に通う子どもたちと、シェアハウスで暮らす子どもたちへ支援金を贈ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寄付金は、子どもたちが学校へ通うため、生活のために必要な日用品や食費、電気代等に使わせていただきます。

 

観光業で成り立っているシェムリアップでは外国語を習得することにより、職の選択肢を大幅に広げることができます。カンボジアの子どもたちの教育環境を充実させ、将来の可能性を広げることを目標に、子どもたちが安心して生活でき、より充実した環境で勉強できるよう活動していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランナー、ボランティアとして参加してくださった皆様、関わってくださった皆様に改めて感謝申し上げます。

カンボジア教育支援団体 ちょんれ~ん

https://chance-cambodia-love0613.jimdo.com/

 

 

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone