【御礼/活動報告】支援を受けるだけではなく「自立」を促す~クルレ村の3人のお母さんの奮闘-PLAS-

 

皆さまこんにちは!支援先団体の一つ、エイズ孤児支援NGO・PLASです。
PARACUP2018では、多くの皆さまにご参加頂き、ありがとうございました!
当日は、多くの皆さまにPLASのブースにお越し頂いてアフリカ布カンガでヘアゴム作り体験をして頂いたり、活動のお話を聞いて頂くことができました。
特にヘアゴム作りは大盛況で、50名もの方々(下は3歳のお子様から上はおばあ様まで!)に楽しみながらご参加頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごきょうだいや親子でのご参加も多かったです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな手で頑張って作りました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明るい笑顔でブースを支えてくれた高校生ボランティアりささんとまいさん、ありがとう!

また、大会では多くの皆さまにご参加頂き、たくさんのご支援を現地での活動に頂戴いたしました。おひとりおひとりの温かいご協力と、お寄せいただいたたくさんの笑顔と応援メッセージに心より感謝申し上げます!

 

さて、今日のブログでは、お越し頂いた御礼と共に、現地でお預かりしたご支援がどのように活かされているかについてもご紹介したいと思います。
今回、PARACUPのご支援を充てさせて頂くのは、ウガンダで展開するカフェ事業。
HIV陽性のシングルマザーの女性たちが、小さなカフェを開き、その収益で生計をたて、子ども達の教育費を自ら生み出していく事業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カフェの打ち合わせ中のスタッフ巣内とシングルマザーたち

支援を受けるシングルマザーは、「より困っている方に」「一方で、働くことができる方に」という考え方で、いくつかの条件をもとに現地のパートナー団体により選ばれています。例えば以下のような条件です。

  • • シングルマザーであること
  • • HIV陽性であること
  • • 子どもが3人以上いること
  • • 40歳以下であること
  • • 農業などで収益が低いこと

その中から、今日はウガンダのクルレ村というところでカフェを開業している3名のお母さんをご紹介します。

●クルレ村の3人のシングルマザー、ローズさんアンティさんアイシャさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローズさんは1984年生まれ。夫をHIVで亡くし、女手一つで6人の子どもを育てています。そのうち2人は引き取った子どもです。以前レストランで働いた経験があり、3院の中では一番料理が得意です。
アンティさんは82年生まれ。夫を事故で亡くし、6人の子どもを育ててきました。小学校は5年生を終えて中退しました。積極的に話す明るい女性です。
アイシャさんは79年生まれ。9人の子どもを育てており、うち2人は引き取った子どもです。HIV陽性がわかったのちに、夫がいなくなってしまいました。
元々友人同士だった3人。これからのカフェ事業をとても楽しみにしてくださっていました。

●「支援を受ける」だけではないカフェビジネス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このカフェの支援事業では受益者からの負担も求めています。それは「支援を受ける」という「受け身」の姿勢では「ビジネス」としてカフェをやっていくことが難しいからです。
また、PLASでは、「自立」を大切にしており、最終的にはPLASからの支援を卒業し、シングルマザーたちだけで事業を回していくことを目指しています。
そこで、一部の資器材の購入などは開業初期投資の支援に加えて、一部を本人が負担して購入してもらいます。これにより、資材を大切にする気持ちも自然と芽生えてくるのです。例えばイスなどを購入する際に事業から5万シリング拠出し、受益者も5千シリング負担する必要があります。

●共に働くチームになる

カフェビジネスはチームワークが大切。「共に一生懸命に働いていこう!」と、3人で意思を確認し合っていました。
またそれぞれに農業もされているので、農繁期などは、手分けしてお互いの畑の世話もできるようにシフトを回していくなど、3人でアイデアを出し合っていらっしゃいました。
このように、PLASはお母さん達自身の「自立」を大切にしながら現地の課題に向き合っています。

PARACUPにご参加頂いた皆さまからお寄せいただいた温かいご支援は、カフェ事業に参加する現地のお母さんやエイズ孤児の子ども達のために大切に活用させて頂きます。

 

*8月10日までに350万円!現在PLASはクラウドファンディングに挑戦中です*

▼エイズと共に生きる、ウガンダの若者の未来をつくる職業訓練を!

https://readyfor.jp/projects/uganda-plas

*プラスの活動についてもっと知りたい方はこちらから*

特定非営利活動法人 PLAS(プラス)

https://www.facebook.com/NGOPLAS/

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone